【インタビュー形式】コンディショニング管理栄養士堀越準矢のルーツに迫る!

プロフィール

管理栄養士を目指したきっかけを教えてください!

カラダの弱かった自分が、食事を意識したことによりパフォーマンスが圧倒的に向上!この喜びを多くの人に伝えたい!

私はサッカー・フットサルをやっていたのですが、カラダが弱く、風邪もひきやすい体質でなかなか選手として活躍することができずにいました。

トレーニングをしても筋力がつかず、練習の疲れもなかなか抜けずに悩んでいた時期に、トレーニング前後の食事を工夫してみることにしました。

当時はそこまで栄養知識もなかったので、トレーニング後にタンパク質を多めにとるとか、疲労回復に効果的な食べ物を調べて食べるとか、そういう簡単なものでしたが、それがビックリするくらい効果が出て、練習の疲れも残らなくなり筋力も少しずつついてきました。

そこからただトレーニングをするだけではなく、食事・栄養の重要さを意識するようになっていったのですが、選手としてプレーをしていると、どうしても目の前の試合やトレーニングの意識でいっぱいになり、なかなか食事・栄養まで意識が回っていないことに気づきました。

トレーニングの効果を最大限にする為、パフォーマンスを向上させる為に、食事はとても重要だということをもっと伝えていきたい。

自分自身も、もっと栄養についての知識を深めていきたいと思い、栄養学が学べる学校に進学し、管理栄養士を目指すことにしました。

管理栄養士になるまでのエピソードを教えてください

栄養士の資格を取得してからの3年間、管理栄養士として必要な実務経験を取得するまでが苦労しました。

栄養士の資格を取得して、管理栄養士を目指していたのですが、実務経験が3年間必要で、就業しながら国家資格の勉強もしなければならないという事がとても大変でした。

実務経験を取得するために働いていた給食会社でマネージャーをやらせていただいたり、社会人としても貴重な経験ができた反面、仕事量の多さから勉強の時間を確保できず苦労しました。ようやく予備校にたどり着いたとしても勉強中に電話がかかってきたり、時間を確保するのにも苦労しました。

就業しながら管理栄養士の勉強を続けていく事が、こんなに大変だとは正直思っていませんでしたが、学んだことを実務で活かせるのはとても刺激的で、忙しくも楽しく充実した3年間だったなと思います。

その後管理栄養士になってみてどうでしたか?

管理栄養士としてスポーツに携わるステージの少なさに驚愕。すぐにはスポーツ業界に入ることができず、食品業界で経験を積む。

管理栄養士の資格を取得していざ、スポーツの世界へと思ったのですが、当時スポーツ業界で栄養士として働くステージがほとんどなく、レストランなどで働き、レシピ開発などをおこなって過ごしていました。

気がつけばレストランでも責任のある仕事を任されるようになり、それなりにやりがいを感じつつ、気がつけば10年間も就業していました。

「もうスポーツ業界で働くこともないのかな〜」と思っていた時にスポーツクラブで栄養士の求人を見つけ、「これだ!」と思い応募しました。

今までの環境から飛び出す不安はありましたが、やはり自分が栄養士を志したスポーツ業界への憧れを捨て切ることはできず、0からがむしゃらに頑張ってみようと思いました。

スポーツ業界で管理栄養士として働いてみると、栄養の知識だけでは全くお客様に受け入れてもらえず、トレーニングの知識が自分には全然足りないことに気づきました。そこから必死にトレーナーとしての勉強をして、徐々にパーソナルトレーニングなども担当できるようになり、栄養学とトレーニング学の両面からサポートをする、効果的なアプローチができるようになりました。

独立し、開業に至った経緯を教えてください!

スポーツをやる人にもっとコンディショニングの大切さを伝えたい。自分のように活躍の場がなく一歩を踏み出せない人の目標になりたい!

スポーツクラブでのトレーニングサポートをしていく中で、ダイエットやアスリートサポート、健康サポートなど多くのことを経験させてもらいました。

スポーツクラブでのサポートの傍ら、整体師としても働かせていただき、カラダのケアについても実務を通して学ばせていただきました。

その中でやはりスポーツ選手のコンディショニングを専門にやっていきたいという思いが強くなっていきました。

ハードなトレーニングだけではなく、コンディショニングの重要性をより多くの人に伝えていきたいという思いからです。

また、自分は10年間やりたいと思いながらも、なかなか活動の場がなく、チャレンジに踏み切るのに長い時間がかかってしまいました。

もしかしたら同じように悩んでいる人も多いのではないか?と思い、昔の自分のように一歩が踏み出せずにいる人の、勇気や目標になりたいと思っています。

現在の活動内容について教えてください

企業やスポーツチームを中心に年間3,000人以上の方に栄養カウンセリングとサポートを実施。

関東リーグ所属の女子フットサルチームのサポートや、パーソナルトレーニングで個人のコンディショニングサポートをメインにおこなっています。

活動の一環として企業様へ訪問して、栄養のカウンセリングやサポートなども行っています。

団体のお客様も含めると、セッションを行っている人数は年間3,000人を超えるようになりました。チームや団体だけでなく個人でのサポートも積極的に行っていきたいと思っています。

またYouTubeやTwitter・InstagramなどSNSの発展により情報を誰でも気軽に入手できる反面、間違った知識も拡散されてしまっているのも現状です。

こうした間違った知識はケガを誘発したり、健康状態を悪化させてしまう危険性もあるので、正しい栄養知識を多くの方にわかりやすく説明したり、その人に合った食事やトレーニング方法を提供しています。

今後の抱負について教えてください!

オンラインサロンを開設して栄養士・管理栄養士の新しい働き方を発信していきたい!

栄養士・管理栄養士の多くの就職先は給食施設・老人ホーム・病院となっていてスポーツ業界に進む人の割合は僅か数%と限られています。

他の業界で働きたい!と思っても活動する場がなかったり、経済的な理由から諦めざるを得ないケースも多くあります。

自分自身の経験から、栄養学+αの知識をしっかり身につけ、一歩踏み出すことができれば、きっと新しい可能性や働き方を見つけることができると考えています。

こうした自分自身の経験やみなさんの悩みなどを共有できる場としてオンラインサロンを開設し、情報交換だけではなく、栄養士・管理栄養士が活躍できる場を広げていきたいというのが自分の次の目標です。

また昨今、フリーランスという言葉をよく耳にしますが、栄養士・管理栄養士の方以外でも、フリーランスとして働いてみたいと考えている方が、一歩を踏み出すきっかけになるようなコミュニティも作っていきたいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました